タオルの織り方

気持ちよいタオルタオルというのは私達のもっとも身近な日用品ではないでしょうか。顔や体を拭いたり、汚れたものをふき取ったり。引っ越しや年始の挨拶まわり、内祝いやお歳暮等などにもよく使われます。使い古されたタオルは今度は雑巾などで再利用している人も多いでしょう。本当に使えなくなるまで再利用できる便利さはほかにはないかと思います。

現在のタオル生産は安価な中国産が主流となっていましたが、近年、世界最大のタオル産地といわれている愛媛県今治市のタオルメーカーがグランプリを連続で受賞し注目を集めたことでまたタオルが見直されてきています。安価から高価で高品質な製品として日本のタオルの生産は変わってきております。

そんなタオルですが実はタオルにはいろいろな織り方がありその織り方により肌触りが変わってきます。よくこのタオルはゴワゴワしているとか触った感じが気持ちいいとか感じることがあるかと思います。その質感というのはどこからうまれてくるのでしょうか。それはタオルの織り方が違うからなのです。その織り方によってタオルの質感というものが決まってくるのです。

ではすべて同じにすれはいいのではと思うかもしれませんが、用途によっては使いづらい事も出てきてしまうこともあります。それほどタオルの織り方によって特徴が変わってきてしまいます。そんなタオルの織り方というのは複数ございますのでどのような織り方があり特徴があるのかご説明いたします。