用途に応じて使う

無撚糸地というものがあります。撚糸とは1本1本の繊維を撚り合わせることで作られる糸で、その撚糸よりも、柔らかく肌触りのよい織物を生み出すために特殊な技術を使って生み出された生地の事を言います。通常の糸は撚糸にすることで一定の硬さや強さを持っていますが、この無撚糸にはそもそも撚りがないので、ほかの生地とりも柔らかくふんわりとした肌触りになっています。見た目のボリューム感に比べて軽く、保湿性に優れているので、まるで真綿に包まれているような暖かみを感じることができます。

基本的な織り方は以上ですがそのほかにも化学肥料や農薬を使っていない土地で有機肥料によって環境にやさしい栽培方法で育てられた綿花で作られたオーガニックコットンや、染色した糸を使いジャガード織り機でおってデザインを表現したタオルです。こちらは複雑に織るあげて模様を作るのでしっかりとした厚みがあり、また高級感がある仕上がりが特徴となります。

このように一見同じようなタオルに見えますが、中身は様々なものがあります。それもすべて織り方によってそのタオルの感じ方も違うほどです。自分に合ったまた用途に応じてタオルを選ぶことをおすすめいたします。